2012年11月

女性の味方大豆イソフラボン、レシチンのアンチエイジング

子供たちが牛乳大好きで、

 

私も体に良いと思い込んでいたので〜

 

毎日牛乳を欠かさずにいたこの十数年。。。。。

 

でしたが、

 

正しい知識を身につけてしまうと

 

体自体が受け付けなくなるのですよね。。。。。

 

子供たちにはじめて話した時は

 

変な宗教にでも入ったんじゃないの???sign02

 

ってなかなか聞いてもらえなかったけど、

 

思い切って

 

牛乳を豆乳にかえてみました!

 

しかし、

 

どうしても、青臭くて飲むことはできず、

 

とりあえず、

 

シチューやグラタン、カルボナーラなど

 

お料理で代用するものの

 

1本使い切れないで半分は捨てるような

 

感じだったんです。。。

 

 

そんなとき出会ったのが

 

「豆汁生活」

 

1354117844266.jpg

 

ちょっと、後ろのにゃんこが気になるでしょ?cat

 

大豆を煮てすり潰した「ご汁」に近い、

 

粉末の豆汁生活は、

 

濃さも調節できるし、

 

使う分だけ作れるし、

 

なんといっても、青臭みが全くなくて

 

飲みやすいんですよ^^

 

お料理のバリエーションも増えるし

 

実際、シチューなども

 

分離とかもしないで、濃厚でおいしくできますupgood

 

これで

 

イソフラボンたっぷりの美肌効果期待しちゃいます!!notescissors

 

 

 

 

極上鰹節の美味しいダシ

美味しいダシがとれると

 

それだけでお料理がおいしいって

 

知らなかった昔の自分に、早く教えてあげたかった。。。

 

去年と今年、兄弟そろって職場体験でお世話になったのは

 

老舗の乾物屋さん「伊勢音」さん

 

最終日には極上の鰹節をお土産に

 

いただいてきてくれました^^

 

1353907079063.jpg

 

 

NPO法人 鶴見酵素栄養学協会 第十三回講演会 in品川

昨日の日曜日の午後は、たっぷりと興味深いお話が聞けました。

 

第一部は 

「病は、新しい人生の扉を開く鍵」

セラピスト カウンセラー、東海ホリスティック医学振興会顧問

岡部 明美

 

九死に一生を得る体験を通じて得た知識と学びは

心に訴えかける力が強く

改めて

意識の変容

心のあり方一つですべてを変える力がある

と感じました。

病気は自分が直すもの

心が喜ぶ生き方をしましょう!

 

 

第二部

「放射線パラダイムの変革」

元電力中央研究所名誉特別顧問、一般社団法人ホルミシス臨床研究会理事

服部禎夫

 

「放射線ホルミシス」という聞き慣れない内容に

戸惑いましたが、

今まで常識だったことが

実は間違えであった、ということがとても多くて

まだまだ未知の世界があるのだと実感しました。

心柔軟に

真実を見極める、学ぶことは大事だと感じました。

 

第三部

「体に良いホルミシス」

鶴見クリニック院長 NPO法人鶴見酵素栄養学協会理事長

鶴見 隆史

 

DSC_0167.jpg

 

改めて、人の体ってすごいな〜〜っと実感しましたね。

むやみに放射能を怖がることもなく

自然治癒力、自己の修復能力を常に万全にしておくことが

何よりも大事だと

本当に感じました。

 

DSC_0166.jpg

全てのベースは「ファスティング」

デトックスされた心とカラダが大事です。

 

酵素のDNA修復はすごい!!

なによりも、前向きな考え方がすばらしいDNA修復を起こすのです。

 

自分の体のすばらしい力を引き出す鍵は

食事、食べ物です。

 

 

 

 

 

ファスティングの7つの健康<食>

不足がちなミネラル、さけるべき食材、有害物質のデトックス

 

 

We are what we eat.

私たちは、食べたものでできている。

トランス脂肪、硝酸態窒素、有害金属。
知らず知らずのうちに体に取り込んでいく少量の有害物質は
やがて蓄積し、第一子に引き継がれていく。

現代社会に生きるうえで、すべて自然食でまかなうことは
難しいですが最低限、抑えておくべき知識があります。

たとえば、ミネラル。
ミネラルが畑から少なくなった今、昔の野菜より多くの野菜を取る必要が
あります。ミネラルのひとつであるマグネシウムは、エネルギー代謝を
はじめ、300以上の酵素系に関与しています。特にカルシウムとの
バランスを見て摂取しないと...。

皆さんは、家族のみなさんを支える食を提供できていますか?

ファスティングと合わせて、食の知識を獲得しましょう。

NPO法人 鶴見酵素栄養学協会 第十三回講演会

11月25日(日) 会場12:30  開演13:00〜17:30

 

品川フロントビル会議室

 

東京都港区港南2−3−13

TEL:03-5463-9957

 

鶴見クリニック 院長

鶴見酵素栄養学協会 理事長

鶴見 隆史

をはじめ、3人の先生方の講演で

酵素栄養学を学べます!

ご興味のある方はぜひご参加ください!

 

 

定員 250名

入場料 会員 ¥2500

    一般 ¥3000

 

*当日券もあるそうなので、お問い合わせください。

 

URL:http://www.tsuru-ppk.com/

E-mail:info@tsuru-ppk.com 担当 滝野

 

ファスティングの7つの健康<呼吸>

睡眠をとりやすくなったり、リラックスできたりする呼吸法

 

1分間に18回。

海の波と同じリズムだと思うと、
自然と人間のつながりを
感じずにはいられません。

吐き、吸い込む。

この単純な所作で私たちは酸素を獲得し、
生命活動を維持しています。

緊張すると呼吸が荒くなり、
リラックスすると呼吸は緩やかになります。
睡眠をとりやすくなる呼吸法もあります。

ヨガをベースにした呼吸のメソッドを取り入れ、せわしい生活の中に
リラックスした時間をつくる。

ファスティングと合わせて呼吸の知識を獲得しましょう。

 

ファスティングの7つの健康<姿勢>

骨盤のゆがみを矯正することで、内蔵の働きを健全にする体操

 

パソコン生活で曲がった背骨、
重い荷物の持ちすぎで傾いた左肩。

4足歩行から、2足歩行になった人類の背骨は
新たな負担を強いられています。

背骨、肩、股関節の稼動領域を広げることは、健康への第一歩です。

ゆがんだ骨盤では、内臓の活動がうまくはたらかなくなってしまいます。

自然な姿勢を取り戻し、美しく歩くことが健康につながるのです。

ファスティングと合わせて美しい姿勢を取り戻すための知識を身につけましょう!

ファスティングの7つの健康<メンタル>

業績悪化、ノルマ増大、慢性的ストレス環境で

             前を向くマインドセット

 

業績悪化、ノルマ増大、家庭の悩み。

ストレスは、免疫力を低下させ、
ホルモンのバランスも乱すことが確認されています。
ミネラルの不足も、心に影響を及ぼすこともあるようです。

現代のストレス環境をどのように解釈し、心の健康を取り戻すか?
必要なミネラルはきちんと摂取できているのか?

ファスティングと合わせてメンタルの知識を獲得しましょう。

 

ファスティングの7つの健康<運動>

衰えた筋力を取り戻し、体温を上げ、免疫力を高める運動

 

気持ちよく汗をかいたのはいつですか?

都市生活、便利な生活家電によって、手仕事をしなくなった私たち。
筋肉が衰えると代謝力が落ち、体温が落ちてしまいます。
運動をすることで心臓・肺の機能が向上したり、血管が丈夫になったり、
免疫力が高まったり、骨が丈夫になったります。

有害物質がたまりやすい脂肪も、基礎代謝を上げることで付きにくくできます。

ファスティングと合わせて、筋肉をつけ、基礎体温が上げ、免疫が上げつつ、
脂肪が燃えやすいからだ作りの知識を獲得しましょう。

 

ファスティングの7つの健康<休息>

7つの健康の1つ <休息>

ホルモンが出るゴールデンタイム

 

成長ホルモンが分泌されるのは、22:00~2:00の間。
みなさんはその時間に寝れていますか?

疲労を回復したり、
免疫力を向上させたり、
肌の新陳代謝が行われたりと
睡眠・休養はとても大事な生理現象です。

ファスティングに合わせて現代生活の中で取り入れることができる休養の知識を学びましょう。

1  2