ホーム>ファスティングマイスターの心とカラダのリセットブログ>NPO法人 鶴見酵素栄養学協会 第十三回講演会 in品川
ファスティングマイスターの心とカラダのリセットブログ

NPO法人 鶴見酵素栄養学協会 第十三回講演会 in品川

昨日の日曜日の午後は、たっぷりと興味深いお話が聞けました。

 

第一部は 

「病は、新しい人生の扉を開く鍵」

セラピスト カウンセラー、東海ホリスティック医学振興会顧問

岡部 明美

 

九死に一生を得る体験を通じて得た知識と学びは

心に訴えかける力が強く

改めて

意識の変容

心のあり方一つですべてを変える力がある

と感じました。

病気は自分が直すもの

心が喜ぶ生き方をしましょう!

 

 

第二部

「放射線パラダイムの変革」

元電力中央研究所名誉特別顧問、一般社団法人ホルミシス臨床研究会理事

服部禎夫

 

「放射線ホルミシス」という聞き慣れない内容に

戸惑いましたが、

今まで常識だったことが

実は間違えであった、ということがとても多くて

まだまだ未知の世界があるのだと実感しました。

心柔軟に

真実を見極める、学ぶことは大事だと感じました。

 

第三部

「体に良いホルミシス」

鶴見クリニック院長 NPO法人鶴見酵素栄養学協会理事長

鶴見 隆史

 

DSC_0167.jpg

 

改めて、人の体ってすごいな〜〜っと実感しましたね。

むやみに放射能を怖がることもなく

自然治癒力、自己の修復能力を常に万全にしておくことが

何よりも大事だと

本当に感じました。

 

DSC_0166.jpg

全てのベースは「ファスティング」

デトックスされた心とカラダが大事です。

 

酵素のDNA修復はすごい!!

なによりも、前向きな考え方がすばらしいDNA修復を起こすのです。

 

自分の体のすばらしい力を引き出す鍵は

食事、食べ物です。

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.salon-de-maya.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/23