ホーム>鶴見隆史プロフィール

鶴見隆史プロフィール

分子整合医学美容食育協会 特別顧問 鶴見隆史プロフィール

鶴見クリニック 院長
NPO法人 鶴見酵素栄養学協会 理事長


1948年石川県生まれ。金沢医科大学卒業、浜松医大で研修勤務。

その後、西洋医学に飽き足らず、東洋医学、鍼灸、 筋診断法などを追及、

常に患者優位を念頭に置いた総合的な「病気治し、医療」に取り組んでいる。

病気の原因は「食」にあるとして、浄血と免疫力を高める独自の食養生を確立。

特に日本では最初にエドワード・ハウエル酵素理論を広めたとして有名。

ハウエル博士亡き後、その弟子であるディッキーヒューラー博士やママドゥ博士らと交流を密にし、

2000年ころから酵素医療を確立し酵素に関する本を多数出版。

最近では、酵素栄養学講座を設け、多くの生徒を育成している。

診療でも酵素医療をベースにがんや難病性疾患に極めて大きな効果を挙げ評価されている。

著書に、『「酵素」が免疫力を上げる!』((株)永岡書店)ほか多数。